日青協ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男女共同参画とは?

みなさん、こんばんは!

事務局の鎌田です。

今日は
内閣府男女共同参画局主催の
「平成27年度男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」
に出席してきました!

http://www.gender.go.jp/public/event/2015/
詳細のプログラムは上記リンクをごらんください(^^)

20150624231051411.jpg

↑パネルディスカッションの様子

男女平等、男女共同参画、って言葉は耳にすると思いますが
何となく分かるけどほんとにソレ必要なの?だって男と女は違うんだから平等とか無理じゃない?
と思ってる方もいると思います。


でも、男も女も同じようにしなくちゃいけない!っていうのが男女共同参画ではないと思います。

男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」です。
(男女共同参画社会基本法第2条)


男女が同じようにしなくちゃいけないわけではなく、大まかに言えば
やりたいことをやる、言いたいことを言うことの機会を男だからとか女だからとかいう理由で奪われないということだと思います。

少子高齢化がすすみ、消滅可能性都市が発表されている現代。
もっと女性の力を地域で発揮しないと地方創生はできないのでは?
と今回の会議でも話題になりました。

青年団では、女子会が開かれたり女性リーダーが増えたりと、女性団員の活躍の場は広がっています。

でも、
青年団で団長になったけど男性とは同じようにはできないな…
仕事と青年団で忙しくて結婚とか出産なんてできないわ!
いや、女性は結婚を理由に仕事やめてもいいんだから羨ましい!
とか、それぞれの立場で色々と思うところがあるかもしれません。

男女平等ってなんなのか、社会や地域、青年団がどうあるべきか、こたえは一つではありません。
ひとりひとりが考え、家族や仲間と話し合ってみませんか?

あらためて色々考えさせられた今日でした🍀
スポンサーサイト
  1. 2015/06/24(水) 23:48:33|
  2. 日青協報告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。