日青協ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「子ども霞が関見学デー」に日青協も出展しました

事務局長の鳥澤です。茹だるような、というよりも溶けるような暑さが連日続いていますが、みなさんバテていませんか?

 さて、7月29日~30日、東京・霞が関の文部科学省ビル内で、「子ども霞が関見学デー」が行われました。見学デーは夏休みの子どもたちや親たちに、文部科学省をはじめとする霞が関官庁に来ていただいて、いろんな体験をしていただこうと、今年で20年を迎える官庁上げてのイベントで、中には大臣室の見学といった普段では味わえないプログラムもあります。そのイベントに、日青協も今年度初めて出展させていただきました。

子ども霞が関見学デー1

 なぜ日青協が出展したのか。日青協は社会教育関係団体、青少年団体の一つですが、文部科学省が現在力を入れている取組の一つに「土曜学習応援団」があります。2002年度に完全学校週5日制が始まってから13年が経過、そこで休みの土曜日を使って子どもたちに様々な学習の場を地域や家庭などで提供しようというのが、この「土曜学習応援団」というもので、団体に限らず企業や教育機関など幅広く参加されています。日青協も参加し、今回は応援団の一員として30日10時から16時まで出展しました。

子ども霞が関見学デー2

 土曜学習応援団プログラムは体験教室とパネル展示とがあり、日青協はパネル展示の区分でパネルのほかチラシや日本青年団新聞などを展示、配布しました。子どもたちというよりは若い親世代や同じ出展団体・企業など幅広い方々に青年団のPRをしました。青年団の取組に興味を持っていただいた団体や企業も多数ありました。次回また出展の機会をいただきましたら、折り鶴やクロスワードなど体験型のプログラムを考えたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 10:42:31|
  2. 日青協報告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。